新しい年が明けて、1月のはじめに母は帰ってきたの。


「ただいま〜。はい!」


母はそう言って祖母に何かを渡したわ。


「かる〜い。なにこれ〜」


おばあちゃんがなにこれ〜と言ったものが弟だったの。


「あははは。かりんちゃんが大きく見える〜かりんちゃんもまだまだ赤ちゃんだと思ってたけど、やっぱりおねぇちゃんだわ」


失礼な母だ。
私は赤ちゃんではないっつ〜の!


この作品のキーワード
実話  車椅子    家族  病気  衝撃    障害  出産  子供 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。