私は桜庭かりん。


高校3年生。
17歳。


脳性麻痺という病気で車椅子に乗っているのよ。
寝たきりっていうのかな?


自分では車椅子は動かせないの。
常に誰かに抱えてもらい、車椅子に乗せてもらうんだよね。


私には特殊な能力があるのよ。
それはテレパシーを受け取る力。
だから人の心が全部読める。
私が読み取ったことを、いろいろ語っていきたいと思ってるの。






この作品のキーワード
実話  車椅子    家族  病気  衝撃    障害  出産  子供 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。