父が死んだ……。


涼太が亡くなって1年後。
一周忌を迎える少し前だったの。


その日はたまたま家に帰っていた父だせど、朝布団の中で死んでいたのよ。


父は絶望したのかもしれない……。


生きる気力を失うと人間は病気にも負けてしまうのかもしれない……。


お葬式……。


父の葬儀は葬儀場を借りた。私は学校にいて参列はしていないの。


もう母にはいろんなことをする体力も残っていなかったわ。


父の親戚の人や、父の友達が手伝ってくれた。それでも母はちゃんと喪主を務めた。


何故、次から次に私たちを地獄に落とすのだろう……。


母のことが心配だった……。


この作品のキーワード
実話  車椅子    家族  病気  衝撃    障害  出産  子供 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。