戦国の世、東北地方に現れた猛将・伊達政宗。



彼の破天荒な人生を支えた、一人の女性が居た。

その名は、愛姫。




「愛、この政宗から離れるでないぞ」


「言われずとも、あなた様と共にある覚悟でございます」





これは、独眼竜に愛されたある少女の物語。

この作品のキーワード
戦国時代  独眼竜  愛姫