自分の力が怖かった私を救ってくれたのは、君だった。

私は、そんな君にどうしようもなく惹かれていって。



私は彼に、"恋"をした。