御形千香、23歳。彼氏いない歴23年。



って、言うと大抵の人からは「え~なんで?」って返ってくる。


「その歳で付き合った事ないってヤバくない?」

「23で処女って重くない?」


そんな失礼な事を言われるのにも、もう馴れた。

気にしない。だって私には彼氏が作れない理由があるんだもん。

それは…






「ただいまー」


「おかえりっ!千香ちゃん!!」


玄関のドアを開くと廊下の奥からドタドタと音をたてて和津ちゃんが子犬のように駆け寄ってきた。


「お疲れさま!あのね、オレね、晩ごはん作っといたよ!千香ちゃんの好きなシチュー!」


「わあ、ありがと和津ちゃん」


和津ちゃんに子犬のような尻尾があったら千切れんばかりに振ってたと思う。

けど、尻尾なんか無くても頬をほんのりピンクにして溢れるような笑顔でニーって笑う和津ちゃんが今どんな気持ちかなんて、手に取るように分かるよ。





和津ちゃんは10年前、私の弟になった。

私の母と再婚した御形さんの連れ子で、ずっと女っ気の無い家庭で育ってきた反動か、最初に会ったときから和津ちゃんはそれはそれは私に懐いた。

そしてそれは今でも変わらず。

身長なんかとっくに私を見下ろすぐらい大きくなっても、街に出れば雑誌モデルにスカウトされちゃうぐらいカッコ良くなっても、和津ちゃんは私に全力で甘える子犬のまんまだ。


この作品のキーワード
オトナ  溺愛  甘々  三角関係  身体  やきもち  義弟  従兄  同居  繋がる 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。