佐野に遠まわしの潰す宣言が出されて数週間。





とくに身の回りの環境が変わる事はなく、平和な日々。





「平和過ぎて怖いわ」





「俺は、この状況で平和と言える姫羅ちゃんが怖いわー」





私が何か呟けば、必ず翼龍の誰かが返してくれる。





「平和だわ」





「姫羅ちゃん、お願い。






現実を見て」





そう透真に言われて現実を見る。






「平和じゃない?」





「え、どこが?





姫羅ちゃん目大丈夫?」





心配しなくても、私の目は大丈夫よ。





なんて言えず、お決まりの無視。




この作品のキーワード
暴走族    未来  組長  跡取り  ブルー16