あの夏の日。僕は君に出会った。



君は今、何をしているのかな。

僕のこと、覚えているのかな。




君の髪、君の瞳、君の手、君の微笑み…


全てを、愛していた。

…いや、愛しているんだ。



今はいない、あの日の君へ。







……気づいたら、

頬に冷たい涙が伝っていた。




馬鹿みたいに煩い蝉の鳴き声が


どこかからか、聞こえてくる……








「……サヤちゃん!」