★★★★★
不器用で甘酸っぱい青春
バド部の成実が好きなのは、男バスの永瀬くん。

だけど、内気な成美には見ていることしかできなかった。

いつも一方的に見ているだけだと思っていたから、
ふと目が合ったらどうしようもなく恥ずかしくて、だけど嬉しくて。

優しくしてもらえたら、
どうしたらいいのか分からなくなるくらい、幸せ。


高校生らしい爽やかな青春。
成実ちゃんにたくさん共感させていただきました。

──遠いはずのふたりのキョリ。

だけど当たり前だと思っていたものが変わる瞬間なんて、いつだって突然。


キュンと甘酸っぱい恋の距離。
爽やかな青春をぜひご一読ください☆
日生春歌
14/02/15 16:24

>>新着レビュー一覧へ