**************


何故か、話題は高宮の親父と吉村の親父の話題ではなく

僕と高宮さんの話題へと変わっていた。



安倍というやつが、木下と加わってニヤニヤしながら僕の所へ来る。


「なあ、水池、どーなのよ?高宮といいところまでいったんだろ?
ヤッちゃったのか?うん?」



僕は無視する‥


「あー!こいつヤッちゃったんだよ。やべぇってまじで!!犯罪者の娘と
ヤッちゃったなんて。あーあ!どーすんだよ水池ぇ~」



ヘラヘラと笑う二人を無視し、僕は教室を出た。



何故、僕がこんな目に合わなきゃいけないのか。

ギリギリと奥歯を噛み締めた。




この作品のキーワード
    過去  失恋  再会  男目線  切ない  後悔  イジメ  ドン底 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。