今日は、天気も良くというか少し曇っているんだけれど
真夏の暑さにはこのくらいが丁度いい。


夏休みだけあって動物園には家族連れや、
僕達のようなカップルが沢山いた。


高宮さんは、沢山の動物を見て「わぁ!かわいい~!」と
可愛い笑顔で僕をキュン死させようとしていた。


2時間程歩いて、園内を巡り
動物園の中でも人気の少ない、静かな森のようになっている場所で
高宮さんがお弁当を出してくれた。


ハムと卵とシーチキンのサンドイッチに、ハート型のおむすび。
タコの形のウインナーにコーンのコロッケ。


僕の好物ばかりだった。
僕は1人で8割は平らげてしまった‥。


お礼に僕は、ソフトクリームを奢ってあげた。
ソフトクリームを食べる高宮さんをチラチラと見てしまう僕。


今日、キスしちゃおうかな‥なんて…。


いや…でも、付き合って1ヶ月も立たないのにキスまでしちゃうと
大事にされていないとか思ったりもするのかな‥


んー‥でもこういうのはムードが大事だっていうし‥

もしするなら今じゃね?


僕は意を決し…高宮さんの肩を抱き寄せた。


高宮さんが少し驚いた表情で僕を見つめたけれど、
長い睫毛が閉じた瞬間、
僕は唇を寄せていた‥。


僕の忘れられない初キスだった。


**************

この作品のキーワード
    過去  失恋  再会  男目線  切ない  後悔  イジメ  ドン底 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。