闇をすり抜け 夜を駆け抜け

季節が巡り 時が経っても

待ち人は訪れず



真っ暗な夜 だけどネオンが眩しいくらいに輝く夜

私の目の前に現れたのは

恋い焦がれた ずっと待ち続けた

“彼”に悲しいくらい似た 1人の男だった



彼は

明けない夜の果てに何が待っているのかと 目を伏せて静かに涙を流し



そして私達は その答えを探しに行こうかと

闇の中を二人、彷徨った





*special thanks*

猫の宅急便様
ゆぅぱぱ。様
優梨杏。様
梨代様
和泉あや様
*yuri*様
椿妃純恋様

この作品のキーワード
姫亜。  切ない  シリアス      過去  優等生  失踪  約束  後悔