「んだとぉ!?総司は二人ともと言ったはずだ。よってお前も落ち着け」





『あぁ、知っている』




「じゃあ、てめぇも落ち着け」




『落ち着いているじゃないか』



土方、面白いな。




「では、渚さん土方さんの部屋に行きましょうか。私が案内します」



「おいっ、総司てめっ!!」




そんな、土方を無視して沖田さんは歩き出した。私もそれに着いて行く。






この作品のキーワード
新撰組  新選組  土方歳三  切ない  江戸時代  幕末  妊娠  トリップ  出産  再会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。