その病院は市内ではない。
隣の市にあるのだ。
車でだいたい40分くらい。
あの総合病院なら、車で5分くらいなのに。


開業医というか町医者というか、昭和初期の病院みたいな感じだ。
予約なしというのも、昔からのやり方だからだろう。


母親はもう歩くのも大変な感じになっていた。
小さな病院なのに、車椅子がいるのではないかと思うくらいに。


予約制ではないので、当然待たされる。2時間待ってやっと呼ばれた。


元気なうちに病院に行かないと、待ってる間に死んでしまいそうだ。

この作品のキーワード
病院  病気  難病  辛い  入院  医者  看護師  余命  心臓  救急車