その日も私はお姉ちゃんのいる病院に向かった…



私の家から逆方向だけど…



全ての道が、私と浩司の思い出が沢山つまっていて…



----------------
-----------
-----



「…真弓、しっかり捕まっておけよ」




『キャー怖いよっ!浩司もっとゆっくり行ってよ~』



ブロロ…――――




楽しかった日々を嫌でも思い出す…



私の隣には…



もう浩司はいない…



いないんだ…


この作品のキーワード
  切ない  泣ける  三角関係  姉妹  兄弟  別れ  失恋  ドン底 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。