甘ったるい記憶と手の感触。


キーボードに乗せた自分の指を見つめて思い返すのは、絡ませ合っていた彼の指。


デスクの上に転がったライトブルーのペン。

こんなに明るく澄んだ色が相応しい彼に、いつしか色を失いかけてた私なんかが、一体なにをどうすればいいの……?





――――いまさら、素直になるのが恥ずかしい。