「一度しかない人生だし。それなら好きなことしてたい。こうやって美人と一緒に黄昏時を過ごす、とかね」
「現実は、そんなに都合よく生きていけない人間がほとんどよ」
「全部を自分の好きなようには出来ないかもしれない。でも、なにかひとつくらい、やりたいこと――出来るんじゃない?」


……そんなの、成功してる側の人間だからそう簡単に言えるのよ。

仕事も選べるほど舞い込んで、見た目もよければプライベートでの相手にも困らないだろうし。

やりたいことなんて言われても、今の自分に与えられた仕事の中でそんなこと考えたこともないし。あまり仕事に熱中し過ぎると、男運も下がっていきそうだし。

大体男はいいわよ。女と違って、仕事に夢中になって、気付いたときに歳を重ねてても、そこまで焦ったり、周りの目を気にしなくてもいいんだから。


自分よりも若い男というだけで、理不尽な八つ当たりを心の中でしてしまう。
さすがにそこまでは口に出来なかったけど、私のそんなドロドロとした胸の内を簡単に読んだ要は、こぶしで口を隠すように笑った。


「なにか言いたげな顔だ」
「べ、別にっ。それじゃ、本当に失礼するわ」
「『会う機会はない』って、言ってたけど、そんなことなかったね?」
「……今回は、たまたまだっただけよ」
「オレ、ちょっと気が強い女性は好きだよ。美雪みたいな、ね」


いつもならこんなこと言われても、バッサリ切って捨ててきたのに。
反抗する言葉もすぐに出てこない。


固まってる私の目の前まで近づいてきた要が、スッとカバンになにかを入れた。
阻止しようとすれば出来たはずなのに、ただただ、されるがままだった。

赤い光に目を細めて要を見ると、彼はにこりと笑って言う。


「名刺。この間切らしてたからね。じゃあ、“またね”」




要のアトリエを出ても、さっきの笑った顔が頭から離れない。
足を止め、まだ空に残る太陽が作りだしてるスカーレットの赤い絨毯に視線を落とす。


――この色を見るたびに、また思い出しそう。


それは正直、楽しい気持ちじゃない。
要を思い出すと、なんとも例えられないような、自分でもわからない気分になるから。
それは仕事に対してなのか、彼自身に対しての感情なのか、それすら自分でわからないけど。


「……『またね』なんて、言うからよ」


西の空を見つめて、ぽつりと言う。

あんなこと言うから、もう会うはずもないのに本当にまた会う気がしてしまう。
だからこんなもやもやと、はっきりしない気分のままでいなきゃならないのよ。

“また”なんてなければ、すぐに忘れられるのに。