結局、奈菜美さんは、謝り続ける凌に、今までありがとう。と、無理矢理な微笑を浮かべ、この場から去っていった。

あたしは、悲しそうな背中をただ見送るだけしかできなかった。

「ねぇ、凌。本当によかったの……?」

あんなに素敵な人と別れてしまって、本当によかったの?

あたしの問いに、凌も奈菜美さんと同じように無理矢理な笑みを顔に貼り付ける。

そんな風に二人してつらいなら、別れる必要なんてなかったんじゃないの?

けれど、あたしはそれ以上の言葉を口にすることができなかった。
つらそうな表情で俯いてしまった凌に、たくさんの言葉を投げかけるのは、今はとても酷に感じたから。