「さーてと。なにからやろうか」

腰に手を当て、部屋をぐるりと見回す。

「掃除って言ってもなぁ。はっきり言ってするところないくらい綺麗なんだけど」

それでも、必ず使うトイレとバスルームはしなくちゃいかんだろうな。と動き出す。
ガシガシと便器を擦り、ゴシゴシと風呂釜を洗う。

「ふぅ。さーて、次はっと」

左側のドアの前に立ち、深呼吸をひとつ。
寝室ってところは、秘密の花園なわけだから、やっぱり躊躇してしまう。