あたしが焦ったような声で会話をしている事に、英嗣が怪訝な表情を見せる。

「どないしたんや?」
「凌が、風邪で……」

そんな時、丁度空車のタクシーが来た。
英嗣が手を上げ、目ざとくそのタクシーを止める。

英嗣は、止まったタクシーに、乗れ、とあたしを促すと、自分は外に立ったままでいた。

「英嗣?」
「風邪。しんどそうなんやろ? 行ったれ」

「でも……」
「俺は、先に戻っておるから。二人だけの兄妹なんやろ。傍に居たったれ」

寂しげに目尻をたらし、あたしを促す。

「ありがと……」

あたしにお金を握らせると、タクシーのドアが閉まる直前に英嗣が口を開いた。

ちゃんと、戻って来いよ、と。

あたしは、大きく頷いた――――。