夏も深まったある夕方……







パーン……




軽やかなボールの音が、テニスコートに響いていた。




ボールがコートの中を駆け巡り、それを軽やかに捕らえる二人の姿。

爽やかすぎる二人がボールを打つたびに、コートの外から歓声が起こった。






「翼君、さすがだよね!」



「いや、隼人君でしょ」



「うん。

イケメン具合は隼人君の勝ち!!」



この作品のキーワード
番外編  元ヤン  大学生    イケメン