聞こえないように、バレないようにしていたが、全て知られていたのかもしれない。





カウンターに座る白浜先輩は大声でウォッカのストレートを頼み、それを飲み干した。

まさに男前の飲みっぷりだった。

そして、参ったかとばかりに俺たちの方を見る。

俺にはあんな無茶な飲み方が出来るはずもなく、ただ呆然となって彼を見ていた。





「馬鹿じゃねぇ?」




隣で城内が呟く。

城内こそ馬鹿な癖に、自分のことを棚に上げて。

突っ込むのも面倒で、敢えて流した。




この作品のキーワード
番外編  元ヤン  大学生    イケメン