一生の不覚だ。

あんな奴らに助けられるなんて。





俺はベッドに寝そべり、天井を睨みつけていた。


身体の自由がきけば、吹っ飛ばして半殺しにしてやるところなのだが。

だが、奴らは俺に恩を売る様子もなく、心配そうな顔をして出ていった。




本当に気に入らねぇ。

どこまで善人ぶるつもりなんだよ?




この作品のキーワード
番外編  元ヤン  大学生    イケメン