「先輩、好きですよ」


「うぇっ?!あ、う、うんっ」


「初々しいですねえ。

ああでも、そういう所も含めて先輩の魅力は数知れずと…そしてその全てを私は受け止める、というより私は攻め女ですからね、がんがん攻めてそうして知っていきますよ。
はあぁ、にしても昨日の先輩は最高でしたっ、耳を舐めれば下唇を噛んで我慢しようとするし、首筋を甘噛みすれば高い声で喘ぎそれすら『可愛い』以外の……ああいや、服のはだけた先輩は『可愛い』よりも『ヤらしい』『妖艶』と言った方が正しいですよね。ほんと、最後のあの言葉はなんですか。『も、橘おねがい…』って完ぺき私に鼻血噴き出させようと、」


「もうやめてくれーっ!」


(※言葉攻めが書きたかったけど、やっぱ難しい)

この作品のキーワード
攻め女  受け男  年上  年下  言葉攻め