友人、香奈によって連れてこられた花咲神社の祠に触れたことにより、友坂沙織は妖狐(ようこ)の世界へと飛ばされた。



 
 そして、沙織を待っていたのは一人の銀色の髪の青年だった。


 「そういえば、俺の名を言っていなかったな。」


 すると青年は沙織に向き直り、


「俺は暁(あかつき)だ。この炎火の里で生まれ育った妖狐だ」


「あかつき……さん?」



「暁でいい。おまえには、今から俺の生家に来てもらう」



「暁の実家?なんで??」



「いいのか?おまえ、見たところこの世界の者ではないだろう」



「う………」




 痛いところをつかれ、渋々暁に着いていった。