彼は言った、自分は人喰いであると。

彼は笑った、人は餌にすぎないと。

そして彼は、嘆いていた。

人を愛したいと。



世界のおよそ半分を占める"人喰い"の青年『紺(こん)』と、人喰いに親を殺された少女『那智(なち)』。


これは、不器用な人喰いと人間が繰り広げる、哀しくも優しいお話。


2014.08.31 start

この作品のキーワード
切ない  本格派  近未来  純愛  ピュア  リアル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。