あつそー……


カーテンの隙間から差し込む日差しは梅雨明けを思わせる。
外出予定を思い出してウンザリしていた時だった。


休日の朝っぱらから無遠慮に鳴るインターホン、応答を待たずに2回。
時間帯は珍しいものの、鳴らし方には覚えがあった。


食後のコーヒーを片手に玄関に向かい、ドアノブに手をかけたところで。
出掛けチェック用の姿見に映る自分に目が止まる。



「あー…」



夏場のパジャマがわり、キャミにショーパン。
すっぴんにボサボサのロングヘア。


考えた末。



………ま、いっか。



結局開けた。
それ程気を使う相手でもない、多分。



「おせぇよ、まだ寝てた?
 っつか、そのカッコ……ひでぇ」



開けたと同時にするりと入り込んだヤツは思った通りの人物で。
私の格好を見て、鼻で笑った。


朝一、迷惑な時間ってわかっていないのか。


やかましいわ、と言い返そうと顔を見上げて、目に入ったものに数秒、口が開いたままになった。



「なに、それ」



見慣れた顔に三本くっきり、ひっかき傷があったから。