『『総長!お疲れ様です!!!』』




倉庫を開けた瞬間、下っ端の奴等が挨拶をしてくれる。


わたしは、深く被ったフードをとり軽く微笑んで挨拶を返す。


「お前らもお疲れ。」


(やばいっ!今日も綺麗っす!総長!)




下っ端の挨拶をすませたら、サビついた階段を登り鉄のドアを静かに開ける。



「うぉ〜い、夏希~!久しぶりだな〜」



中にいたのは…かず兄。




「やっと見つけた…やっぱりここにいたのか…」



かず兄は、龍月を引退しても未だにこうして遊びにきている。




いつもは安心するかず兄の笑顔も、さすがに今は殺意さえ芽生えてしまう…