偽りだらけのあたしを、あなたは似ていると…そう言った。


好きって―――ただそれだけでいいって思ってたのに


「…俺なんかやめとけよ」


あたしはどんどん欲張りな女になっていく。


「なあ、嫌いになった?」

うん…なった。―――なんて言えたらどれだけ楽なんだろう。


そんな君がいいなんて、あたしってやっぱり馬鹿なんだよね…きっと

どうしようか…
君が欲しくてたまらないんだよね。


2015・1・12 完結


感想を下さった皆様

*Special thank you*


この作品のキーワード
片思い  嫉妬  美男子  未練  失恋  偽り  再会  過去  三角関係  不器用 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。