《第7章 赤い口紅の女性》


 それから数日がたち、私たちはいまだにプラトニックな関係を貫いていた。

 あれだけお互いにやる気満々だったのに、直後に私におとずれたツキイチのもの。

『女も男の人と同じです』

 世良さんに言った私のセリフ。まさにそれ。『ごめんなさい』と謝りながら、ガッカリ度は私の方が強いかもしれない。

 一度、意識をしてしまうと、そのことばかりを考えてしまう。

 私たちはいまだに別々の布団で夜を過ごしていた。

この作品のキーワード
オフィス  結婚  プロポーズ  じれじれ  溺愛  ドキドキ  甘々  胸きゅん  大人  社会人