大学生の花音のお隣りに住む事になった、謎の美麗紳士…結城。

そんな彼は、紳士的で控え目な物腰とは裏腹に、時に強引に、意地悪く花音に迫ってくる。


「いつ誰が来て、貴女の事を攫って行くかわかりませんからね。例えば、私……とか?」


唇触れそうな程の至近距離。
意味深な言葉に微笑み。


何を考えているか分からない結城に、花音は振り回されっぱなし。

そして、ついには……?



――甘S紳士な隣人と、ちょっと危険で色々大変なご近所付き合い!?
(現代ファンタジーラブ)

この作品のキーワード
甘々  紳士  隣人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。