コーヒーを飲んだあと、わたしたちはソファに並んで座り、ただテレビを見ていた。

流行の観光スポットやお店が紹介されると「今度はあそこへ行こう」と話したり、「あれが食べたい」と言ったり、たわいない話ばかりしていた。

帰りたくないなぁ……。

窓の外が茜色から紺色に染まり始めても、気づかぬふりをした。

「あ……もう、こんな時間か」

あーあ……征一郎さんが気づいちゃった。

明日は仕事だし、仕方ないとわかっていながらも肩を落とす。

ついに「家まで送ろうか」なんて言われるのだろうか。時計を確認した征一郎さんは腰をあげた。

「夜ご飯、どこかへ食べに行こうか」
「えっ?」

予想とは違う問いかけに、弾かれたように顔をあげる。征一郎さんを見ると、眼鏡の奥の瞳が穏やかに細められていた。

「そろそろ、いい時間かと思ったんだけど……お腹、空いてない?」
「あ……すっ、空いてます!」

なんだ……もう少し一緒にいられるんだ。

わたしが大きくうなずくと、征一郎さんはクスリと笑っていた。

車を走らせて十分。征一郎さんにご飯のお店を任せると、近くのお蕎麦屋へ案内してくれた。


この作品のキーワード
不器用  シンデレラ  番外編  SS 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。