母親の急死、父親の自殺。

長兄は行方を眩まし、私は次兄と共に疎遠となっていた叔母に引き取られた。

そして七年後

人々は理不尽な悲運多数死の選別の恐怖にさらされ戦慄する。

嘘で塗り固められた過去との因縁、隠蔽された真実が私たちに見せるのは希望が絶望かーー


※ゆっくりと更新再開


この作品のキーワード
悲運  因縁  虐殺    推理  絶望  希望  平穏  家族  ブラック14