「王子様は誰か一人の


王子様じゃないとダメなんだよ」



童話の中のプリンセスは


いつも王子様が自分だけを守ってくれて


幸せな恋をする。


だけど、


私の彼には


私以上に大切な人がいました。



「俺、あいつに何かあったら

すぐに行ってあげなきゃダメなんだ。」



病弱な彼の幼なじみは、

いつも私から、彼の事を奪ってく。



「行かないで……っ」



その言葉は届かない。



何度も来るって信じた待ち合わせも、


約束したデートも出来なかったけど



それでもあなたが大好きでした。



「待ってても来ない王子様なんて

捨てちゃえよ。」



恋は複雑に、そして切なく動き出す。



好きって、何で苦しいんだろう。


人って、何で



一番に愛してほしいと思うんだろう。



旧題『泣き顔のプリンセス』


Sventeenに掲載されました!

2016.10.25 書籍化。


文庫限定の番外編があります。




この作品のキーワード
両片思い  切ない    ブルー  胸キュン  王子様  守る  大好き