今日は大井コーポレーションへ訪問予定の日。

つまり、舞花の会社へ行く日だ。


あそこの専務は、変人というか……

要するに、屁理屈ばかりで一筋縄ではいかないタイプ。

だけど俺が何度も根気よく通っているせいか、少しずつ打ち解けてきたように思う。


それに、受付で舞花の顔が見れるから…

なんせそれだけで元気をもらえる気がする。

そんな風に思う俺は、自分でも単細胞だと自覚した。


この作品のキーワード
オフィスラブ  誤解  運命  切ない  本気  不器用  片思い  嫉妬 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。