翌日学校へ行くと、オザワ君が話しかけてきた。



「高野さん、おはよう」


「おはよう」




わざわざあたしの席まできて挨拶をしてくるなんて今までなかったのに。



と言うか、挨拶すらしたことなかったかも。




「昨日一緒にいた人って彼氏?」


「違うけど」


「そっか。あの人と友達なの?」




あたしはどうしてオザワ君が俊平の話ばかりしてくるのか気になったけど、早く会話を切り上げようと思っていた。




「友達ではないけど、ちょっとした知り合いってところかな」


「そうなんだ。あの人ってシュンさんだよね?」

「シュンさん?」


あたしは首をかしげてオザワ君の目を見て聞いた。




この作品のキーワード
暴走族  OB  俺様  イケメン  切ない  純愛  初恋  甘々  我が儘  過去