カチッ、カチッとマウスをクリックする音が響く。


「手元の資料は、五ページになります」


毎週水曜日朝一の定例会議。
プレゼンターの省吾がパワーポイントを操作しながらそう呟く声に、集まった課員がレジュメを捲る音が響く。


「ご覧の通り、今期開始からの二ヵ月でヨーロッパ方面へのツアーの需要が伸びています。
定番のイギリス、フランス、イタリア以外に、中欧、旧東欧圏の人気も伺えます」


会議室の大型スクリーンに映し出された円グラフ。
実際にカウンター営業をしている私も感じていた昨今の動向を、省吾は淡々と機械的とも言えるくらい穏やかに報告する。


「……けど。
うちの秋冬のパンフレット、中欧、旧東欧圏のツアー少ないですよね」


私の斜め向かいの席で、軽く頬杖を付いた朝霧君が呟く声が響いた。


それを聞いて、そう、と、省吾がニッコリと笑う。


「うちが最新パンフレットで紹介してるツアーはロングラン商品だから。
……今後はこっち方面のツアーの新企画商品を開発しないと、他社に後れを取ります」


ヨーロッパなら当たり前にイギリス、フランス、イタリアだ、と思ってる上司達が、それを聞いて、う~んと唸る。

この作品のキーワード
秘密  年下  オフィスラブ  強引  セフレ  大人  ドキドキ  恋人  キス  元カレ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。