『どういう意味ですか』





「君がもし、前の世界に帰っても君を待ってるのは……死だけだよ??」





『は??』





ニッコリと、笑顔を浮かべている天希を眉をひそめながら陽毬は見つめた。





「覚えてないの??君がこの空間に来る前の出来事を」





そう言われて、自分が今居る場所に来る前の事を思い出した。





ガクリとその場に座り込む。