「ち、違うの!!私と友達になって欲しいの!!」





どうやら、彼女は友田!!と言いたかったのではなく。慌てた所為で、ただたんに噛んでしまったようだ。





慌てて訂正を入れる彼女はアワアワとしていて、吃驚した小動物のように慌てふためく。





その姿は、なんとも可愛らしい。





だ、抱きしめて頭とか撫でたい!!!!






ズキュンッとハートを二度も持っていかれた私は、彼女を可愛がりたい衝動に駆られた。