「はぁ?」

――治してやろうかって、この人はお医者さん?

「紫鬼! このような者にそんな事までする必要はありませぬ」

真白が紫鬼の間に、腰に手をあてた清雅が立ちふさがる。

「清雅……」

紫鬼の口から小さなため息が漏れる。

どけと言う意味に、清雅は頬を膨らませて仕方なく脇へ避けた。

退いた清雅は真白を睨みつけている。

「痛む箇所に直接、私の唇が触れれば治る」

――く、唇っ!?
って、ことは……触れるのは……背中っ? そ、そんなの絶対に無理っ!

目の前の超絶美形が自分の背中に唇をあてるのを想像して、真白は大きく頭を振った。

「け、結構です」

そう言うものの、腕だけで身体を支えているのは困難で、すぐに布団に崩折れてしまう。

「そのままでは当分起き上がれぬな」

紫鬼が意地悪く言うのを、清雅もしてやったりと笑顔になる。

「何者かわからぬこの者が動けないのは良いことです!」

清雅はひとり頷く。