◇◆◇

真白はぐるっと屋敷の塀の周りを一周してみた。

外はかなり暑く、汗が垂れてくる。

手の甲で汗を拭きながら、再び歩き出す。

見る限りでは穴が開いている場所はない。

二周目は手でくまなく掌を這わせながら歩く。

丁寧に手で確かめているからなかなか先へ進まない。

穴はまったくなかった。

「ない! 穴がないっ! 穴がないよぅ……」

どうしても穴を見つけようと、叩くように確かめる掌は傷つき始めていた。

掌も痛いが心も痛い。

真白の心に絶望感が襲ってきて嗚咽を漏らした。

塀を背にして、ガクッとその場に座りこみ膝の間に顔を入れる。

袴は涙で濡れた。

「真白、何を泣いている?」

1人だと思っていた真白は突然声をかけられて顔を上げた。