倒れかけた真白の身体を、紫鬼はなんなく支え抱き上げた。

「まったく……言っただろう?」

意識を手放した真白にそう告げると、抱き上げ部屋へ戻った。

◇◆◇

真白の身体を布団に横たえると、紫鬼も隣に横になる。

そして真白の頭を少し持ち上げ、腕を差し入れ抱き寄せる。

眠る額にキスを落とし、紫鬼も目を閉じた。

――お前の隣は、なぜか私の心を穏やかにさせる。






「うわーっ! 紫鬼っ! な、何を!?」

「清雅、うるさいぞ? 真白が起きてしまう」

うっすらと目を開けた紫鬼が清雅をたしなめる。

「で、ですが、なぜ一つの布団にっ」

清雅は見てはいけないものを見てしまったと言うようにショックを受けている。

そんな清雅に紫鬼は妖しく笑った。