くらっ……。

身体を起こした瞬間、目の前が真っ暗になった。

片手を額に置き眩暈が去るのを待つ。

「どうしたんだろう……私……」

身体の重心が取れずに、再び紫鬼の腕の中に倒れこむ。

倒れこむと言うよりは、紫鬼に引っ張り込まれたのだ。

「お前は穢れを受けやすい。まだ熱があるんだ」

紫鬼が言うと、清雅が眉根を寄せる。

「紫鬼、穢れなんて……まさかここは陰陽師寮です。穢れを受けるわけがない」

――そんなおかしな事があるはずがない。