「あ、秋川くん!おはよ!」



「・・・朝っぱらからうるせぇんだよ。黙れ」











溢れそうになった涙を
ぐっと堪えるわたし、



斎藤歩花







「・・・ご、めん・・・」









はぁ・・・
また今日もダメだった。







秋川望くん





私の・・・・・・彼氏





・・・のはず








この作品のキーワード
激甘  冷酷  幼なじみ  誘拐  王子様  ツンデレ  三角関係  鈍感  不良  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。