「・・・おい」











諦めかけたとき、
低い声が聞こえた




よく聞き慣れた低い声





私が大好きな愛しい声








「あ、秋川っ」






不良達がみるみる
青白い顔になっていく





なんで
なんで秋川くんがいるの・・・?






さっきは見捨てられたのに・・・






息が切れてる
・・・走ってきたの?




・・・・・・私のために?





嘘だ・・・・・・









「なにしてんだよ」





「なにって・・・自分の女と遊んでただけだけど?」






なにを言ってるの、こいつらは。



違う違うよ、違うの秋川くん




秋川くん以外の人と
・・・こんなことしたくない






この作品のキーワード
激甘  冷酷  幼なじみ  誘拐  王子様  ツンデレ  三角関係  鈍感  不良  すれ違い