それはあの日のように晴れた空

澄み渡る青を胸いっぱいに吸い込んで

大人になった僕らは歩き出す

あの日見た夢の続きを探すために