いつもと変わらぬ昼下がりの城下町。いつも待ち合わせをする喫茶店で、ハーブティを飲みながら、彼はサラリと私に告げた。


「ロシェ、僕と結婚してくれないか?」


 付き合い始めて二年になるから、そろそろかなとは思っていた。だからそれほど驚いたりもせず、私は彼を見つめて小さく頷く。


「うん」


 彼はホッとしたように笑顔をほころばせて、テーブル越しに私の手を握った。


「よかった。じゃあ明日、僕の家族に会ってくれる?」
「いいよ」
「朝、迎えに行くから一緒に王宮へ行こう」


 はい? 何しに王宮へ? ていうか、私ごときが気軽に行ってもいい場所じゃないと思うんだけど。


 首を傾げる私に顔を近づけて、彼がコソコソと耳打ちする。


「まだ誰にも内緒だよ。実は僕ね、この国の王子なんだ」


 はい——っ!? 


「王子!?」


 思わず手を振りほどいて立ち上がった私を、彼は周りを見回しながらなだめる。


「声が大きいよ。とりあえず落ち着いて」


 落ち着けるかっての!
 けれどさすがに、チラチラと送られる視線が気になって、私は渋々座り直した。


「驚かせてごめんね」


 まったく悪びれた様子もなくニコニコと笑う彼を、私はまじまじと見つめる。

この作品のキーワード
異世界  恋愛  プロポーズ  王子  コメディ  ノリ重視 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。