「お前、飲みすぎだぞ」



「えー?全然飲んでないよー。もう一軒行こー!!オー!」



昔のことを思い出し、わたしは忘れたくなってピッチを速めた。



そして、その結果がこれだ。



全然飲んでないと言ったが、結構飲んだと思う。



久しぶりに飲み過ぎて、立っていられない状態だった。



「ほら、お前。立ってられないくらい酔ってんだろ。もっとこっち来い」



「……っ」



春夜が横から腰をグイッと抱き寄せた。



一気に、わたしの顔、体が熱くなるのが分かった。



今まで「充電」と言って抱きしめられたとこはあったけど、こんなの初めてで酔って良かったな…、なんて思っちゃったりして。



「ほら、送ってやるから帰んぞ」



「なんか似てる…」



「あ?」



わたしがボソリ呟けば、耳を傾けてくれた。