「あーぁ、行っちゃったよー。いいの?」



「いいの、って。今野こそ良かったのか?」



残された、わたしと間宮くん。



朱里を行かせて良かったのかと聞くと、逆に聞き返された。



「わたしは…、いいの。春夜の隣にいるべき人は、わたしじゃないから」



「それは、朱里だって思ってんの?」



「うーん、それは分からないけど…。ただ、わたしじゃないって思っただけ」



「ふーん」



春夜の隣にいるべき人は、朱里かもしれないし、違うかもしれない。



けれど、あの春夜の態度。



春夜は気付いてないだけで、朱里のことが好きなんじゃないかって思った。



わたしとも別れて、一年間ずっと傍で仕事をしていて、いつの間にか…。



そんなことだって、有り得ると思う。