-近付く距離-


すっかり暗くなった街の中をゆっくりと歩く。

一緒にいて落ち着く人。

暗くなった空を見上げると、ぼんやりした三日月が見えた。

昨日と同じバーに入り、奥のソファ席に案内された。
小さなテーブルを挟んで、真っ赤なソファが向かい合っている。

テーブルが小さいから、ふたりの距離はとても近かった。

足が時々当たる。
息が届きそう。

「今日は本当にありがとうございました。注文多くて、大変だったでしょ?」

疲れたように目をこすりながら、慶次郎が微笑む。
その疲れたような顔がまた好き。

「私でお役に立てたのなら嬉しいです。緊張しちゃって、表情が硬かったと思うんですけど」

「いえいえ。とても素敵な表情でした。自然でしたよ」

「そうですか?」

右目の下に小さなほくろがある。

笑うとしわができる目元。
優しい笑顔。


「僕の見る目は確かだった。初めて会ったあの日から、僕はあなたを撮りたいと思ったんです」

熱い目で、私の目の奥をじっと見つめる慶次郎。

「着物、似合うよ」

その言い方が、たまらなくセクシーだった。

「あ、ありがとうございます」

「ふふ。その顔、僕のツボです。そんなに恥ずかしそうな顔をしなくてもいいのに。そんなに綺麗なのに、褒められることに慣れてない」

目をそらせない。